JFA U-13サッカーリーグ東海

2019 U-13東海地域リーグ

U-13サッカーリーグ2019チーム



2019 日程表




7,8位は各県リーグへ降格
東海各県リーグ1位はプレーオフにより2チームが東海地域リーグへ昇格


下段より試合結果を送信ください。至急結果を反映いたします。


2019リーグ表

下段より試合結果を送信ください。至急結果を反映いたします。




※参考 高円宮杯U-13サッカーリーグ2017東海 大会要領
1目的
東海サッカー協会は、日本サッカー界の将来を担う3種年代(U13)の選手たちのより一層のサッ
カー技術の向上と健全な心身の育成を図ることを目的とする。さらにレベルが拮抗したリーグ
戦をM-T-Mメソッドに基づき、長期間を通して行う。
2主催
東海サッカー協会・東海サッカー協会3種委員会
3主管
東海地域リーグ運営委員会
4後援
ミカサ(未定)
5協力
愛知・静岡・三重・岐阜県3種委員会
6日程
2017年6月~2017年9月(前期)
2017年10月~2017年12月(後期)
7会場
東海地域各会場
8参加資格
(1)(公財)日本サッカー協会に第3種加盟登録を完了しているチームとする。
(2)2004年4月2日以降に生まれた選手であること。
*小学 6 年生は、「クラブ申請」していれば出場できる
9参加チー
愛知 4 岐阜1 三重0 静岡3 計8
ム数
10競技方法
(1)前期・・・8チーム(ホーム&アウェイ/7試合)
後期・・・8チーム(ホーム&アウェイ/7試合)
(2)勝ち3点、引き分け1点、負け0点の勝ち点により順位を決定する。
なお、勝ち点が同一の場合は以下の項目に従い順位を決定する。
①全試合のゴール・ディファレンス(総得点-総失点)
②全試合の総得点
③当該チーム同士の対戦成績(勝敗)
④①~③の全項目について同一の場合は、抽選により決定する。
(3)試合時間:60分(前・後半30分)
(4)ハーフタイムのインターバル:原則として10分(前半終了から開始まで)
(5)延長戦は実施しない。
11競技規則
(1)(公財)日本サッカー協会最新の「サッカー競技規則」による。
(2)各試合の選手は最大18名とし、試合ごとにエントリーできる。
(3)交代に関しては、選手18名から最大7名の交代が認められる。(自由な交代ではない)
(4)退場を命じられた選手は次の1試合に出場できず、それ以降の処置については、本大会
規律・フェアプレー委員会において決定する。
(5)期間中に警告を3回受けた選手は、次の1試合に出場できない。
(6)(4)及び(5)の行為を繰り返した選手は、最低2試合の出場停止とする。
(8)試合開始30分前までに、メンバー表と選手証を本部へ提出する。
(9)ベンチ入りできる人員は最大12名(役員5名、選手7名)とする。
(10)アディショナルタイムの表示を実施する。
(11)試合球は各チームへ配布されたボールを持ち寄る。
12ユニフォ-ム
(1)ユニフォーム(シャツ・ショーツ・ストッキング)については、正の他に副として、正と色彩が異なり判別しやすいユニフォームを各試合に必ず携行すること。
(2)シャツの前面・背面に各試合で登録した選手番号を付けること。ショーツの選手番号については付けることが望ましい。番号は1~99番とする。
(3)キャプテンマークは着けるほうが望ましい。
13昇格・降格
(1)東海地域リーグの7・8位チームは降格。
(2)東海地域各県最上位リーグ1部の1位チームによるプレーオフ上位2チーム昇格。(ただし、東海地域リーグの参加意思を持つこと)
14表彰
優勝チーム以下第3位チームまで表彰する。
15交通
交通費については参加チームの負担とする。
16傷害補償
大会中の負傷など事故があった場合は、応急処置のみ行います。参加チームは必ず傷害保険に加入すること。
17運営組織
(1)参加チームの中から運営本部を設置し、東海地域リーグ会場・審判など運営全般を統括する。
(2)本大会において、規律・フェアプレー委員会を組織し、委員長は東海3種委員長が務める。
委員の人選については委員長に一任する。
18そ の 他
実施要項に記載されていない事項については、東海サッカー協会3種委員長会において協議し決定する

INDEX
2017 2018






◇静岡県U-15・中学サッカーの結果を送信ください。 記入例 富士山 3-3 琵琶湖 ◇

おなまえ       

メールアドレス(任意)

試合結果(リーグ名をご記入お願いします 例TOP)